スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今できること】 -あなたの助けを必要としています。-

2011年03月13日 17:17

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
3月11日14時46分頃、宮城県沖で大地震が起きました。

日本の観測史上最大の地震。
すでに1,800人以上もの死者・行方不明者が出ています。
これはただの数字ではなく、ひとりの人間の死の集まりです。


たくさんの地域で停電が起こり、交通機関も麻痺しています。
家族の安否がわからず不安に過ごす人たち、
帰宅さえままならない人たちもいます。

被災地の中には、雪の降る地域も。
凍える寒さの中で夜を過ごしている人たち、
食事をとることもできない人たちもいます。

宮城県南三陸町では、約1万人の安否が不明です。
どこかに、倒壊した家の下敷きになっている人がいます。
重傷を負っているのに治療が受けられない人がいます。


北海道から沖縄まで非常に広い地域が津波の影響を受けました。
10mを超す津波が押し寄せた地域があります。
海から数キロ離れた内陸まで浸水した地域もありました。

空港が水浸しになってしまった地域もあります。
船が陸地まで流された地域もあります。
建物や車が根こそぎ流されてしまった地域もあります。

一瞬で波が襲い、濁流が家々を押し流しました。
水浸しになった建物に閉じ込められ、
外に出ることができず、救援を待つ人たちがいます。


今でも余震の続く地域があります。
避難所で不安を抱えながら夜明けを待つ人たちがいます。
今もなお、助けを求めている人達がいます。


「もし、津波に飲まれたのがあなたの家族だったら?」

「もし、ラジオで読み上げられた死亡者の名前が、
 あなたの恋人の名前だったら?」

「もし、瓦礫の下敷きになって苦しんでいるのが
 あなたの友人だったら?」

どうか無関心でいないでください。
あなたの住む世界で起きている出来事です。



『あなたの助けを必要としています。

 ひとりひとりの力が、被災者の方の助けになります。

「自分に何ができるのか?」を一緒に考えてみませんか?』


 ***************************


●まずは情報の把握を

・現在、何が起こっているのかを正しく知ってください。
 テレビ、新聞、ラジオなどから情報を得てください。

・デマ(うその情報)に注意。
 twitter(ツイッター)などでデマが流れているようです。 
 情報を発信する際は、それが正確な情報であることを確認しましょう。

・家族や友人の間でも、どうか地震の話題にふれてください。
 どうか、無関心でいないでください。 
 まずは「何が起きているのか」を知ってください。

『時事ドットコム:東北地方太平洋沖地震 写真特集』
 http://www.jiji.com/jc/d4?p=eqa200&d=d4_topics&rel=y&g=soc


●情報の扱い方について

・最新情報の確認を。
 状況は刻々と変化します。行動を起こす際には、
 なるべく「ご自身で」「最新の」「正しい」情報を確認するようにしてください。

・適切な情報を。
 現在、地震に関する情報は山ほどあります。
 「本当に必要な情報が、埋もれてしまわないように」注意しましょう。

・適切な方法で情報を発信する。 
 現在、通話やメールの回線は非常に混雑していると思います。
 発信したい情報がある場合は、電話やメールではなく、ブログなどを
 用いるのが良いと思います。

・偽情報の拡散をしないように。
 情報を流す際は、正しい情報かどうかをきちんと確認しましょう。

『[mixi] 東北関東大震災地震コミュ案内板』
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5522501

『[mixi] 今僕たちにできること。東北地震』
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5523569


●寄付(きふ)について

・現在、あちらこちらで義援金を集めています。
 一番簡単にできる援助です。
 ぜひ多くの方に参加していただきたいと思います。  

・寄付金詐欺にご注意!
 あなたの善意が、悪意のある人間に利用されないようご注意ください。
 信頼できる機関・組織・団体に寄付するようにしましょう。

『募金情報まとめ - 平成23年東北地方太平洋沖地震』
 http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


●救援物資について

・「物」より「お金」の方が役に立つようです。
 送られて困るものもあるようです。
 適切な援助をお願いいたします。

 『災害が起きると全国から様々な支援物資が送られてきますが、
  物資が原因の新たな災害が引き起こされる危険性があることはあまり知られていません。
  中越地震では物資が無節操に届き過ぎることで、被災者が毎日徹夜で仕分け作業を行わなければならなくなったり、
  日が経って腐ってしまった生ものを報道陣に隠れて処分しなければなりませんでした。』

 ↑こちらは下記サイトからの抜粋です。
  救援物資の送付を考えている方は必ず併せてお読みください。

 『東北の被災者に支援物資をと考えている方ちょっと待ってください - くまろぐ』
 http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162


●救援活動について

・事前に情報収集を。

 個人で救援活動に行くと、かえって邪魔になってしまうこともあるようです。
 「ボランティアの募集に応募する」という形が最良かと思われます。

『日本赤十字社』
 http://www.jrc.or.jp/index.html


★救援物資を届けるため、あるいは救援活動に向かうための車で道が渋滞し、緊急車両などが到着するのに時間がかかってしまうことがあるそうです。
「届けてあげたい」「助けたい」という気持ちが、かえって邪魔をしてしまわないよう、ご注意ください。


●献血をお願いします

・日本赤十字社の要請があってからにしましょう。

 血液は保存が利かず、有効期限があります。
 また、一度献血すると次に献血できるまでに時間がかかります。

 阪神淡路では、期限が切れ大量破棄になり、その後不足したそうです。
 献血が一時期だけに集中するより、安定して確保できる方が助かります。

 お住まいの都道府県の赤十字血液センターの要請の有無を確認しましょう。

『血液センターからのお知らせ|大阪府赤十字血液センター』
 http://www.wanonaka.jp/news/2011/03/post-21.html


●節電について

・節電のご協力を願います。

 『東京電力の3月12日の発表によると、地震の影響で一部の発電所が停止しており、
 「極めて厳しい電気の需給状態が予測される」という状況。
  特にピーク時間帯の午後6~7時に節電を』とのこと。

 『東京電力は、東日本大震災で発電所の停止が相次ぎ、電力供給が大幅に落ち込むことから、14日以降、地域ごとに3時間ずつ電力供給を止める「輪番停電」を実施する。』

『[mixi] <東日本大震災>東電、「輪番停電」実施へ』
 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1533561&media_id=2


 特に、電子レンジ、食器洗い機、ホットプレート、掃除機、ドライヤー、アイロン、ハロゲンヒーターなどは消費電力が大きいそうです。

『家電製品の消費電力リスト』
 http://www.eco-taisaku.net/denki/denkidai_list.html


★医療関係施設でも電力不足は深刻な問題です。
 特に東京電力からの供給を受けている地域の方々はご協力ください!

★この状況は一週間ほど続く見込みです。


●不急の通信は控えて

・しばらくの間、電話やネット通信はお控えください。

 電話回線の混雑で、緊急自動車を呼ぶための電話がなかなかつながらない事態が発生する場合があります。

 『NTTコミュニケーションズは3月11日、東北地方太平洋沖地震の影響で、
  OCNのネットワークやOCNと接続するネット通信が「非常に混雑している」として、
  不急の場合は通信を控えるよう呼びかけた。』
 『情報収集や家族との連絡などにネット通信を必要としている人のため、容量を大きく必要とする動画再生など、
  急を要しない通信はしばらく控えるよう配慮を求めている。』

 ↑こちらは下記サイトからの抜粋です。
 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1532803&media_id=32


●とにかくこれだけはお願いします。

・被災者に迷惑をかけない。
 救援物資、救援活動など、やり方によっては迷惑をかけてしまうことがあります。
 まずはご自身で情報を調べ、適切な救援を願います。

・思いやりと温かさを。
 被災者の方に対して「助けてやっている」という上から目線ではなく、
 優しさをもって接していただけるようお願いします。


●最後に

みなさん一人一人の力が、被災者の方々にとっての大きな助けとなります。
みなさんがそれぞれ、自分にできることを考えて行動してくださることを切に願います。

私は、自分にできることを考えた結果としてこの文章を書きました。
ラジオで死亡者の名前が読み上げられたのを聞いて、「もしこれが自分にとって大切な人の名前だったら……」と考えたのがきっかけです。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、なるべく多くの方が地震に対して関心を持ってくれることを願います。

最後になりましたが、ご家族の方や友人・知人の方と連絡が取れず不安な方へ。
どうかご自身の体も大切になさってください。
私も不安でたまりませんが、やるべきことはきっちりやりたいと思います。

被災者の方へ。
どうか生きる希望だけは最後まで捨てないでください。
また笑って過ごせる日が来ることを、心からお祈り申し上げます。


***************************************


【3/13 16:56追記】

・東日本を襲った大地震で、宮城県警の竹内直人本部長は13日の県災害対策本部会議で、犠牲者数について「万人単位になることは間違いない」と述べた。

・気象庁は同日、マグニチュード(M)をこれまでの8.8から9.0に修正、確定したと発表した。

『[mixi] 犠牲者は「万人単位」=東日本大震災で宮城県警-M7余震確率、3日以内で70%(時事通信社)』
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=1533676
スポンサーサイト

宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ

2011年03月12日 13:40

こちらのサイトよりコピペさせていただきます。
http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162

要約すると「物」よりは「お金」の方が役に立つようです。

以下コピペ↓
------------------------------------

転載していただいている方へ

随時更新しています。転載する場合は直リンクを貼っていただくか、こまめにチェックをお願いします。

災害が起きると全国から様々な支援物資が送られてきますが、物資が原因の新たな災害が引き起こされる危険性があることはあまり知られていません。

中越地震では物資が無節操に届き過ぎることで、被災者が毎日徹夜で仕分け作業を行わなければならなくなったり、日が経って腐ってしまった生ものを報道陣に隠れて処分しなければなりませんでした。

せっかくの支援物資が災害を起こさないために読んで欲しいです。

*まだ、詳しい情報が出ていないのでこれから更新していく予定です。

過去の地震の場合の情報ですので、今回の地震には当てはまらない点もある可能性があります。

○追記○

寄付先です。(リンクは宮城県ホームページ)

こちらは宮城県で常に募集している寄付です。

今後専用の寄付先が開設される可能性があります。

http://www.pref.miyagi.jp/zeimu/hurusato/tetsuduki.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○物資の送り方○

・1つの段ボールには1つのものしか入れない。

いろいろなものを少しずつ入れると仕分けに苦労します。

・段ボールの表面の見えやすい場所に大きく何が入っているかを書く「水」や「おむつ」など。

・重すぎないようにする。ペットボトル飲料などを入れるときは注意。

・常識ですが、食べ残しのようなものや、消費期限の切れたものは入れない。

・お金を送る方がいい場合もあります。

お金は封筒に入れて送るとわかりにくいので必ず振り込みましょう。

○何を送ればいいか○

避難所で喜ばれる物資を分類して書いておきます。また、送られると困るものも書いておきます。

ソースは「震災がつなぐ全国ネットワークさんの冊子より」

食料

喜ばれるもの:飲料水、カップ麺、お湯だけで作れるレトルト食品、乳児用粉ミルク、哺乳瓶

困るもの:野菜や魚などのなまもの、アイス、電子レンジで調理しなければならないもの、消費期限切れ食品

衛生用品

喜ばれるもの:おむつ、生理用品、歯磨き、石けん、タオル、トイレットペーパー、ウエットティッシュ、マスク、水を使わないシャンプー、

その他

喜ばれるもの:マスク、新品の肌着や衣類、使い捨てカイロ

困るもの:古着(古着は誰も貰いません、ゴミになるだけです)、家でかきあつめたようなこざこざ、趣味で作った装飾品、絵画など。

医薬品

医薬品は医師や薬剤師がいないと配れません。

自分に処方された薬などをたまに送る方がいらっしゃいますが誰も使えません。




本音を言えばモノより金です。

自宅の不要品処理のような気持ちで送らないようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3/12 10:20追記

いくつかご質問もあるのでここでまとめてお答えしますが。

過去の地震を参考にしておりますので、今回の地震には当てはまらない場合もあると思います。

規模も大きいため、現在は救助活動がメインに行われているはずですので、焦って送ってしまうと混乱を起こしてしまう可能性もありますし、輸送経路もできてないかと思います。

3/12 11:21追記

自衛隊で支援物資を受け付けているようですが。やはり個人で送るのは少し待った方がいいです。

むしろ待つくらいなら義援金を。

★12日11時現在、東北地方への発送がどの運送便もストップしています。

使える便、復旧情報あればぜひお寄せください!

送り先だけ書いておきながら!とのお気持ち、お察しします。

何卒ご理解下さいませ。

とのことです。送っても届かず荷物があふれて混乱する恐れがあります。情報を待ちましょう。

以下転載です。

自衛隊では支援物資を受け付けています。

各県の県庁が窓口です。

まだまだ不足しているそうです。

凍える寒さの中、空腹に耐えて救助を待っておられる方が沢山いらっしゃいます。

状況は、ニュースよりもさらに哀しい状況とのこと…。

現地の方は希望を持って頑張っておられます。

どうかお時間のある方、宜しくお願い致します。

募集品目とご注意頂きたいこと

・衣料、食料、電池、日用品(石鹸やティッシュなど)、ベビー用品を募集しています。

・食料は腐らないもの(レトルト、インスタント食品、栄養補助食品)など。

・特に毛布やカイロなどの暖を取れるものが助かります。

・衣料の場合はサイズごとにおまとめ頂き、分かるように明記ください。

・衣料はなるべく綺麗なものが喜ばれるそうです。

・なるべく1つの段ボールには一種類の商品⇒仕分けの手間が減ります。

・重くなり過ぎない様に。

・「地震支援物資在中」とお書き添え下さい。

送付先

●宮城県県庁 ← 仙台あてはこちらへ

〒980-8570

仙台市青葉区本町3-8-1

[TEL]022-211-2111

●岩手県県庁

〒020-8570

盛岡市内丸10-1

[TEL]019-651-3111

●青森県県庁

〒030-8570

青森市長島1-1-1

[TEL]017-722-1111

●福島県県庁

〒960-8670

福島市杉妻町2-16

[TEL]024-521-1111

【コピペ希望】

2011年03月12日 12:28

知人のブログからのコピーです。『阪神大震災では偽のガス会社や水道局、電気工事、宅配便等を装った強盗や強姦がありました。皆さん、特に女性の一人住まいはお気をつけください…。』 

今日でちょうど一年。

2009年07月17日 21:22

こんばんは。久々のブログ更新です。
日々の生活が忙しすぎて、ずっと更新できずにいました。
晴一さんのラジオもずっと聴けていません(涙)

ブログをお休みしている間、いろいろなことがありました。
新しい恋をしたり、
知人が亡くなったり、
別のアーティストに浮気してみたり、
生活環境が変わってさらに忙しくなったり(!)

一時期はブログの閉鎖も考えたのですが、
やはり一度始めたことですし、素晴らしい出会いもあったこのブログを簡単にやめたくはありません。
今後も停滞は続くかも知れませんが、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ところで、今日は何の日かご存知でしょうか?
晴一さんのブログの最終更新から、ちょうど一年になります。
それから比べれば、私の数ヶ月の更新停滞など、可愛いものです(苦笑)

もし奇跡的に暇が取れたらまたブログを更新したいと思います。
その時まで、どうか皆様が健やかに暮らせますように。

忙しいです。とても。(涙)

2009年03月27日 20:43

最近では身の回りが何かと忙しく、ブログにログインすらできない有様で・・・。
ブロともの皆様のブログも読むことが出来ていません。
全然コメント入れられなくて、大変申し訳ないです。
(T T)

とりあえず今のところ4月半ば頃に復帰予定ですが、
それすらもどうなることやら・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。