スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Search the best way」2

2008年07月05日 09:03

 「ポルノグラフィティの歌詞について考えてみる」という目的で始めたこのブログ。曲はランダムに選ぶ予定。

 今回はこの一曲。「Search the best way」について考えてみたいと思う。
 (文章が非常に長くなったので、1で歌詞の解釈をし、2で曲について語りまくっています。)


 前回、「曲を好きになるタイミングってあるよね」という話をしたけれど、最近あらためてそのことを実感した。
 「知っているつもりになっている」のと、「実際に知っている」のとでは、天と地ほども差がある。
 何度も聞いたはずの曲なのに。今更この曲をこれほど好きになるなんて、思いもしなかった。

 歌詞がすごく良い。なぜ今まで気づかなかったんだろう。同じメロディを持つ曲「冷たい手~3年8ヶ月~」は以前から好きだった。けど、「Search the best way」は私の中ではオマケ的な存在でしかなかった。
 今にして思えば、私はこの曲を「ちゃんと」聴いたことがなかった。たまには古いCDを押入から引っ張り出して聴くのも悪くない。

 この「Search the best way」は、「僕は自分の選んだ道を進む。その先で君の運命と重なることもあるだろうし、そうじゃないこともあるだろう。でも、それはお互いが道を選んだ結果だ」という内容が歌われている。

 この曲を聴いて『彼』のことを思い出すのは私だけだろうか?

 正直に白状すると、私は『彼』のことをあまりよく知らない。知っていることといえば、ベースを担当していたことと、端正な顔の持ち主だということくらい。
 この「Search the best way」を作った頃の3人はそんな未来が来ることを知っていたのか、知らなかったのか。どちらにしても、今、改めて曲を聴いてみると、深い意味がある歌詞だと思えてならない。

 もちろん、そんな事情を抜きにしてもこの歌詞は印象的だ。
 「自分で道を切り開き、未来へ進んでいこう」というメッセージはどこか「ウォーカー」にも似ている気がする。
 ただし、これから進む先を見つめているという印象を受ける「Search the best way」は若い頃じゃないと書けない歌詞だと思うし、道の途中で振り返っている印象を受ける「ウォーカー」はある程度の年齢にならないと書けない歌詞だと思う。そのへんの比較も面白いところ。

 比較と言えば、この「Search the best way」は同シングルに収録されている「冷たい手~3年8ヶ月~」と同じメロディでありながら、歌詞が異なっている。

 両者の歌詞に関連性は感じられないが、前者と後者では昭仁さんの歌い方に大きな違いを感じる。
 わりとリズムをつけるように歌っている「冷たい手」に対して、「Search…」はどちらかというと詞(あるいは詩)を読んでいるような印象を受ける。
 また、「冷たい手」では英語の歌詞部分の区切りがメロディの区切りと一致しているのに対し、「Search…」では歌詞の区切りとメロディの区切りが一致していない。

 これらは曲の差異をつけるために行われたことであり、決して歌詞の作り方が悪かったということではないと私は考えている。
(たとえば「アゲハ蝶」や「ネオメロドラマティック」、あるいはその他の曲が示すように、ポルノグラフィティの曲の歌詞は得てして、歌うのに親切な文字数で作られてはいない。だがそれを感じさせないのが、昭仁さんの歌唱力の成せる業である。)

 小難しいことを書いたけど、私は昭仁さんの「Search the best way」と歌っている部分の声がすごく好き。とても優しい感じがして、ひどく懐かしい気持ちになるから。

 とにかく、私にとってこの曲はまさに「掘り出し物」だった。これからも時折は古いCDを押入から引っ張り出して聴いてみようと思う。


※歌詞については以下のサイトを参照。
(http://music.yahoo.co.jp/shop/p/52/157948/1/3/1/0/0/)



スポンサーサイト


コメント

  1. ミサ | URL | -

    おかえりシマナミさん^^★
    復活してくれてよかったよぉ!!
    シマナミさんの詞すごいですねっ!!
    私、ブログのカテゴリーに「詞」ってあるくせに
    書いてないので頑張らないとなぁ・・・汗

  2. シマナミ | URL | -

    >ミサ様

    心配をかけてごめんなさい。でも、ミサさんが励ましてくれたおかげで元気になりました☆

    歌詞を作るのって大変。私の書いた「自転車と海」は文字数を全然そろえてなくて、もう、ただ書いただけって感じなんだけど、本当は文字数をそろえたり、曲に載せた時の音の響き方を考えたりしなくちゃいけないんだよね…。

    でも、今の自分の気持ちを書けるのは今しかないから。ミサさんもぜひ、詞を書いてみてね (^ ^)

  3. ロンド | URL | -

    この歌詞からは
    未来を予知しているような内容ですね

    比較的に英語の部分も多いですし

    過去と未来が対照的にありますね 

  4. シマナミ | URL | -

    >ロンド様

    この曲を作った過去、そして、三人から二人になった未来。そのことを考えて聴いてみると、本当に、三人の行く先を歌っているような曲に思えますよね。
    英語の歌詞も、単なる言葉の響きから入れているのではなく、深い意味があるのが印象深いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://standforoneswish.blog25.fc2.com/tb.php/21-3f163ea6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。